FC2ブログ
2014. 09. 14  
川越・全盲女子生徒蹴った44歳男を事情聴取

このニュースを知った時は
久々に激怒しそうになった

しかしそれ以上に頭にきたのは
この蹴った男を擁護する意見が
実のところかなり多い、という事

情けないというか何というか
ここまで日本人としての倫理観が
汚れてしまったのかと悲しくなった

ハッキリ言うが
そうほざくお前達には想像力という物がない
いつ何で自分が全盲になるか分かったもんじゃない
病気やケガをしない人間などいない
誰もがそうなるリスクを持っていて
「たまたま」今は普通の生活が送れているだけだ
何に対しても「ありがたい」と感謝出来ない
そういう事も分からないバカこそが
この世に最もイラナイ存在なのだ

女子生徒を蹴った男は
どうやら知的障害があるらしく
法で裁かれるのかどうかは難しい判断らしい
これは俺の個人的な意見だが
法で裁かなければ本当の意味での
差別は無くならないんじゃないのか?と思う
障害があるから無罪…
こっちの方が俺には恐ろしいよ

ここ最近
やたらと社会的弱者をいじめるとか
虐待するケースが多く報道されている
それほどこの日本が閉塞感に満たされ
自分勝手に、邪魔になる他人を攻撃する事が
当たり前になってきている、という事かな

俺が子供の頃、感じることはなかった
殺伐としている空気が漂っている
恐ろしいことにその空気はどんどん濃くなっている
長いバブル崩壊の時期がそうさせたのか
あれほど心の時代と叫ばれているにも関わらず
相変わらず世の中はただの消費財を量産し続けていて
俺達はそれを何も考えずに貪っている
(作る方も消費する方も消耗している)
そのせいで貪欲さはただ単に自分の利益目的のために
存在しているみたいだ

人が人に優しく出来ない時代
ある意味、とっても「平和」な事だよな
俺達が欲しがっている「平和」とは
こういう事がまかり通ってしまう事なのだろうか?
スポンサーサイト
NEXT Entry
横手、かもすぞー!
NEW Topics
さあ、音の洪水の彼方へ…「The Hopper」
東京散歩~会いたい人がいます~
無題。
江の島散歩~空と海の輝きに向けて~
東京散歩~下町エレジー~
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する