FC2ブログ
2017. 10. 03  
アメリカは自由の国。多分日本よりずっと自由…。
音楽だって大統領や政府、警察組織を批判する曲を出すのは許される。
銃を手にするのも自由。しかし音楽と違って銃は人を傷つけたり殺す事を目的にしたもの。
だから銃を手にする自由を持つ事は責任も持つ、という事。しかしそこが守られてないよな。

少なくともアメリカの映画からガン・アクション物の映画が無くなる事は無いだろう。
つまりは悲しい事だけど、映画そのものが銃を持つ自由のプロパガンダとして機能している…とも言えなくもない。
映画のせいにするつもりは全くないけど、きっと銃規制に反対する人らはハリウッド辺りの人も多いんだろうな。

今では戦争は金の為に起こされる。個人的な物は別としたテロリズムも実際には金の為だろう。
持つべきじゃない人間に金や権力が集まる。その結果、人間の命すら粗末に扱われる。

世界中から悲しみが無くなりますよう。
特に今回のラスベガスで起きたテロリズムの犠牲者に心からお悔やみ申し上げます。
スポンサーサイト
NEXT Entry
Tom Petty
NEW Topics
さあ、音の洪水の彼方へ…「The Hopper」
東京散歩~会いたい人がいます~
無題。
江の島散歩~空と海の輝きに向けて~
東京散歩~下町エレジー~
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する