FC2ブログ
2017. 09. 11  
IMG_3034.jpg

最近の長雨のせいなのか
私のブラッキー・ストラトくんの調子がイマイチなのです
ネックの状態もあまり良くないし、何となく音にもハリがないというか
ちょっと元気がないような感じがしていたのです

で、そんな時に前から気になっていた
仙台のギター・ショップ、GLIDEさんによるPlekという
マシンを使ったコンディショニング出来るというシステムを
どんなものかお試しでお願いしてみる事にしました。

で、Plekとは何ぞや?という事については



↑の動画をご覧ください。
詳しくは専用のHPもあります。

IMG_3080.jpg

それではそのGLIDEさんですが…
お店は一番町の端っこ、ココイチの二階にあります。
看板があるのですが、そことは違う場所なのでご注意ください。

IMG_3081.jpg

非常に新しく、綺麗で落ち着いたお店

IMG_3083.jpg

この前俺も行かせて貰った、女川町に工房があり
そこでPlekもギターの製作もやっているそうです。
このテレ・タイプ、凄くカッコいい。

IMG_3099.jpg

今回はギターを持ち込みでのPlekという事ですが郵送でも可能です
で、このような問診票を書いて、一度ギターを診てもらいました
今回はPlekに、ストラトでヴォリュームを絞ると同時にハイが落ちてしまう
それを対処するためにハイパス・コンデンサの組み込みと
ヴォリューム・ポットの交換も一緒に依頼しました。
俺は結構ヴォリュームをいじるのでガリノイズが出て来ちゃったんですね

オール・リフレッシュとはいかないのですが気になるポイントだけは
とりあえずキチンとした状態にしてあげようと思った次第です。

私のブラッキーくんがどのような変わるのか…?
非常に楽しみです。経過はまたこのブログに載せようと思っています。





さてさて、実は今回はもう一つ目的がありました。

IMG_3082.jpg

このちょうど真ん中にあるジャズマスター・タイプのギター。
最近非常に評価が高いとされている
Freedom Custom Guitar Researchさんのギター。
これをちょっと弾いてみたかったのです。

俺がちょうどロックにガツンとヤラれた時…
時代は90'sオルタナティヴ・ロックでした。
ニルヴァーナを始め、ソニック・ユース、ダイナソーJr.スマパン
マイ・ブラッディ・バレンタイン、ティーンエイジ・ファンクラブ等々…
彼らはこぞってジャガー、ジャズマスターを使っていましたし
日本の、彼らに影響を受けたアーティスト達もみんな持つようになりました。

元々エリック・クラプトンが好きでストラトを持ち始めた俺でしたし
みんなジャガー、ジャズマスターを持ち始めると、そこで天邪鬼が発生し
自分は同じギターは持つまい…と、どーでもいい決まりを作ってしまいました(笑)

しかし、最近になって、特にジャズマスターの歪ませない音
ストラトよりも密度の濃いミッドと独特のアタック音に興味を持ち始めたので
今回弾かせて頂く事にしました。

IMG_3084.jpg

まず、予想通りというかその以上にストラトと比べてメロウな音
特にヴォリュームとトーンを少し下げますと
ジャズマスターの名前通り、ジャズ向きの濃厚でクリーミーな音が出ます。

そしてFreedomさん独自の回路…
通常はプリセット・トーンとして機能しているのですが
Freedomさんの物はローカットのコントロールになっています。
つまり、甘いジャズ・トーンがワンタッチでローがカットされたジャキジャキの
パンキッシュでアタッキーな攻撃的なトーンに早変わり!
これはナイス・アイディアだなぁ…と感じました。

更にネックは割と想像していたよりも気持ち厚め。
しかし握りやすいしフレット周りの処理も綺麗です。
勿論人に寄りますがプレイしていてのストレスがないし
何よりノイズの少なさには驚きました。
やはり日本の木工とアッセンブリーを含めた技術…恐るべしです。

IMG_3092.jpg

まぁなかなかのお値段なので(;^_^A
購入までにはいきませんが、素晴らしいギターですので
お金のある方は是非買って弾いてみて下さい(笑)
スポンサーサイト
NEXT Entry
まいちゃんの、10回目の誕生日。
NEW Topics
さあ、音の洪水の彼方へ…「The Hopper」
東京散歩~会いたい人がいます~
無題。
江の島散歩~空と海の輝きに向けて~
東京散歩~下町エレジー~
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する