FC2ブログ
2016. 10. 04  


この前修理に出していた
Marshall BluesBreaker Mk 1が
やっとこさ戻ってきました。

すでに15年以上放置していたので
これがどんな音だったかも忘れてしまってました。

何でもあのジョン・メイヤーが使っているらしく
プレミアがついているらしいのですが
俺のはもうボロボロなので多分価値的には
ランクが落ちるでしょうし手放す予定はありません。

なにせ初めて買ったエフェクト・ペダルですから。
しかも沖縄で買ったの(笑)

それで15年以上ぶりに音を出してみましたが
基本的にゲイン・トーン・ヴォリュームの3のツマミは
全て12時方向だととてもフラットな音です

しかし、ハムバッカーのギターを繋ぎ
ゲインとトーンを13時ぐらいに回すと
いきなり歪み始めて、いかにもマーシャルらしい
エッジの効いた、バイト感の強い音になります。
しかしゲイン量は少なく、メタル向きではありません
ブースターとして使うとしてもそれほどブースト量もないし
ギター側のヴォリュームを下げ目にセッティングをして
リード・パートでヴォリュームを上げるか
別にブースターを使った方がいいと思うのですが
ブースターもトランスペアレントな物がいいのかなと思いました。

シングルだとそのバイト感は減り
TS-9ほどではないにしろミドルが出てきます
あまり邪魔をしないレンジ感があります。
シングルでもハムバッカーでも使えるODって意外に少ないというか
よくも悪くもロー・ゲインなマーシャル・アンプの音ですね。
モダンなサウンドにはちょっと合わないかな
やはりヴィンテージ志向の音だと思います。
当然ながらトゥルー・バイパスではありません。

ただバンドの中で使ってみて
音が抜けてくるかまでは分かりませんけど
マーシャルが好きな人にはとても高品質なODだと思います。
スポンサーサイト
NEXT Entry
Magnetola
NEW Topics
さあ、音の洪水の彼方へ…「The Hopper」
東京散歩~会いたい人がいます~
無題。
江の島散歩~空と海の輝きに向けて~
東京散歩~下町エレジー~
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する