FC2ブログ
2018. 02. 23  


千葉県御宿の有名楽器メーカー、注文受けるも音信不通に? 
逮捕の杉並区楽器店店長が代理店業務も


とうとう、ねとらぼさんが記事にしてくれたようです。
が、あまり情報が拡散される事もなく
「喉元過ぎれば熱さ忘れる」ではありませんが
事態は全く熱を帯びていません。
バディの事件の陰に隠れてしまったかのようですね。

俺は別に本多氏に対して法的なアクションを取るとか
そういった事は望んでおりません
他の方が仰るように、本多氏がやる気になる様な状況に
つまり、溜まっているバックオーダーを製作する
モチベーションを上げられるようにすればいい、と。
基本的にはそれでもいいと思います。
もし本多氏が逮捕されてしまえば
バックオーダーがお客様の手元に届く事は無くなるし
本多氏は更なる金銭面との問題を対処しなければならなくなる。

しかし、本多氏の行為が何らかの形で犯罪行為であると
司法、警察が認識した場合はそれに従う必要があります
そうでなければ法治国家である意味が問われてしまいます。
それが社会通念上、許してはいけない部分なのです。
個人の許す・許さないは関係なくなります。

俺が最大限、本多氏に望む事は

「これまでの経緯に対し説明責任を果たす」
「何らかの形で謝罪をする」
「お客様からのバックオーダーを責任もってこなす」

たったのこれだけです。
つまり「筋を通せ」という、極々シンプルな事なのです。

本多氏が筋を通してさえいれば問題が無かったのですから。
バンプという有難い顧客もフリーザトーンに取られる事もなかったんですよ。
何年かかっても、これだけは実行してください。

それが本多氏、あなたのこれからの人生がかかってます。
少しでも良心があるのなら心はしんどいはず。
前にも書きましたが、そろそろ年貢の納め時。
腹を括って、解決してください!

以上、この辺でこの話は終わりにしたいと思います。
今後はいいニュースを皆様にお伝え出来たらいいですね。
多分、望み薄だけど。

P.S
後、数名の方から俺に、直接問い合わせや質問などがありましたが
前のブログと今回のこのブログで殆ど言いたい事は言いましたので
これらの文章をご参考にして頂けたら、と思います。
もう殆どお話する事がありません。
申し訳ありませんがこれらをお答えとさせて頂きます。
ご了承下さい。
スポンサーサイト
2018. 02. 22  
IMG_0932.jpg
IMG_0933.jpg

高輪のホテルでこんな素敵な夜景を見て
ゆっくりとベッドに入った私ですが…
楽しみにしていた朝食を寝過ごしてブッチしてしまい
朝から勿体ない気持ちのまま、チェックアウト…
食べたかった…(´;ω;`)

IMG_0957.jpg

さてさて、そんなこんなで品川を後にし
向かったのは何となく苦手な街、渋谷。
今回の旅の一つの目的はここ渋谷ヒカリエでのイベント参加でした。

IMG_0958.jpg
IMG_E0731.jpg

そう、ジョージ・ハリスン生誕75周年記念
アイ・ミー・マイン展でした。

IMG_0959.jpg
IMG_0960.jpg
IMG_0961.jpg

上の画像は撮影OKだったので遠慮なく撮らせてもらいました。
その他のものは撮影禁止でしたので悪しからず。

ま、HPを見て頂くと分かるのですが
ジョージの手書きの歌詞は、ホテルの便せんに書かれたものもありますが
普通の万年筆などに加えて、カラフルな色ペンで書かれたものもあり
俺としては、後世こうやって見せられてもいい様に書かれたのではないかと
思う程、とても素敵な歌詞カードでした。

「ヒア・カムズ・ザ・サン」の歌詞の最後には太陽のイラストが添えられていたり
「ビハインド・ザット・ロックド・ドア」にはギターが描かれていたり
ヒンドゥー教のマークも描かれていたりととてもユニーク。

中でも今回初めて発見された「ヘイ・リンゴ」の歌詞。
「ヘイ・リンゴ、君がいなけりゃ僕のギターは遅くなりすぎる」と言った
リンゴに向けての愛情がたっぷり感じる歌詞で
これを見た時にリンゴがリード・ヴォーカルを取る「ボーイズ」で
ジョージのギター・ソロの前に「オール・ライト・ジョージ」と
掛け声をかけるのですが、それとリンクしたようで
とても心にグッと響いて来ました。

ジョージの伝記「アイ・ミー・マイン」を読んだジョンが
自分の事がほとんど書かれていないと激怒していましたが
やはりジョージとしてはビートルズ後期、自分の曲でソロを弾かせてもらえない等
独善的なジョンやポールよりも、彼らの横暴さに一度は脱退しているリンゴに
よりずっとシンパシーを感じていたに違いないです。
そんな二人の絆を垣間見た瞬間でした。



あと一番の目玉は、ビートルズ最後のライヴ
サヴィル・ロウでのルーフトップ・コンサートの時にジョージが着ていた
マリークワント製のフェイクファーコートでしょう。
ジョージは身長が180cm近くありますが、コート自体は少し小さめに見えます
これは、このライヴが1/30日に行われていたのでとても寒く
奥方のパティ・ボイドに借りたものだと言われているからです。

決して展示物は沢山ある訳ではありませんが
行けば十分満足できる、そんな展覧会でした。

IMG_0962.jpg
IMG_0963.jpg

天気が凄く良くて、
何だか渋谷も悪くないなと感じた瞬間でした。

IMG_0964.jpg

渋谷から半蔵門線にて水天宮に。
こちらは安産祈願、子授けの神様で有名でして
実は私の妹が三人目を身ごもっており、そのお参りに行った、という訳です。
やはりこれからというカップルやお礼参りに来たらしき親子連れが沢山いました。
しかしここが面白いのは、外側がとても近代的なビルで
そこの入り口から入るとお社がある、という感じになっており
流石東京だなと思いました。
妹の為に安産絵馬を買ってきてあげました。

IMG_0965.jpg
IMG_0966.jpg
IMG_0967.jpg
IMG_0968.jpg
IMG_0969.jpg
IMG_0970.jpg

そこからまた半蔵門線に乗り、靖国神社
ここでもしっかりお参りをしてきました。
東京二日間で行った寺仏閣は六ケ所。
流石に行きすぎましたけどとても楽しかった。

IMG_0974.jpg

最後に、御茶ノ水でチキンカレーを食べて

IMG_0971.jpg

ほんの少しだけギター屋さんを冷やかして
東京から帰還しました。

IMG_E0982.jpg

半日で歩数が一万チョイ、二日で三万歩。
東京に来ると、いつもいい運動になります(;^_^A

また折を見て東京に行きたいと思います。
2018. 02. 21  
先日、気分転換に
東京にちょっと行って来ました。

IMG_0849.jpg

着いた夜はホテルにチェックインしてから
上野で朝まで飲んで、一蘭で朝ラーをして(笑)
チェックアウトの時間まで寝ようと思いましたが
あちらの国の方々の大きな話声でゆっくり寝られず…
仕方なく起きて、まずは秋葉原へ向かいました。

IMG_0852.jpg

行きたいお店があり、去年行ったにも関わらず
完全に迷ってしまいました…
実は私、壊滅的な方向音痴なんです(;^_^A
えーけーびー劇場…

IMG_0853.jpg

ネットの力を借りて何とかオヤイデ電気に到着
ここでエフェクト・ペダルのパッチ用に使う
ソルダーレスのプラグをゲットしました。
結構高い…

IMG_0854.jpg

オヤイデからどんどん神田の方に歩いて行きますと…
ここでふと目にしたのは昌平橋
漢字は違うけど、東京には俺の名前みたいなところが結構あります
四谷にはホテル・ニューショーヘイがあったりね(笑)

IMG_0856.jpg
IMG_0858.jpg
IMG_0859.jpg
IMG_0863.jpg

という事で、神田明神に着きました
一度は神田祭を見てみたいものです
しっかりお参りをして来ました。

さて、ここからが問題です…
このまま秋葉原駅に戻るのか、それとも違う道を行くか…
私は後者を選んでしまいました
当然ながら土地勘はありません
しかしここは東京のど真ん中
適当に歩けばどこか駅に着くだろうと
これまた適当に歩き始めましたら…
湯島、というところに着きました。
ん?湯島?

IMG_0865.jpg

偶然にも湯島天満宮に着いてしまいました(笑)

IMG_0866.jpg
IMG_0867.jpg
IMG_0871.jpg

ちょうど梅まつりの開催時期で
天気も良くて梅が綺麗でした

IMG_0868.jpg

画像ではちょっと見にくいのですが
猿廻しの芸をやってまして、初めてライヴで観ました
お兄さんとお猿さんのコンビが絶妙でとても見ごたえがあり
少しだけですがご祝儀を置いて来ました。
こういうの、いいなぁ…

IMG_0873.jpg
IMG_0872.jpg

お腹が減ったので、湯島天満宮のすぐ前にある
湯島ひよこ堂という汁なし担々麵のお店へ
美味しかったんですけど店員さんがワンオペで忙しそうでしたね。
テーブルに色々と調味料やスパイスがあって
自分の好みで味をカスタマイズしながら食べるものでした。

流石に疲れたのでホテルにチェックインする事にしまして
湯島から品川の方へ向かいました。

IMG_0878.jpg

今回泊まったところは高輪…
普段は全く行く事のないハイソな街ですが
ポイントが結構溜まっていたのと、タイムセールで安くなっていたので
今回はビジネスホテル程の料金でハイクラスなところに泊まれました
上の画像はホテルの部屋からです
小さくだけど東京タワーも見えます

IMG_0880.jpg
IMG_0881.jpg
IMG_0882.jpg

こんな日本庭園まであるとは…
別館にトレーニングジムとお風呂が併設してあり
そこも使えるという事でお風呂だけ入って汗を流してから
上の画像の庭園を散策

IMG_0883.jpg

ラウンジでティー・タイム。
飲んでるのは炭酸水だけど(笑)

IMG_0907.jpg

それから品川から浅草へ。

IMG_0909.jpg
IMG_0910.jpg
IMG_0911.jpg
IMG_0914.jpg

日の暮れた浅草寺には初めて来ましたけど
昼間とはまた違った風情がありますね。

IMG_0916.jpg
IMG_0918.jpg

浅草神社にもお参りしましたが、既に時間が遅く
社務所が閉まってて木札のお返しが出来なかった(;^_^A

IMG_0920.jpg

夜は友人と京成上野駅の近くのとんかつ屋さん
みつ葉にてとんかつを
鹿児島産の豚肉で、身も脂も美味しかったぁ~
少しお高めですけど満足でした。
そのまま上野にてまた飲み

IMG_0924.jpg

イケナイ事とは知りつつ
品川に帰ってからはTGIフライデーズにて
アメリカンなハンバーガーとハイボールを
見た目通りの肉々しいハンバーガーでした(笑)

IMG_E0934.jpg

この日一日の歩数は2万ちょい
普段全く歩かない俺としてはかなり歩いた方でした
もうヘトヘト。でも楽しかったです。
天気も良かったしね。

では、次回はDay 2のお話。
それはまた後程…。
2018. 02. 07  
IMG_0706.jpg

Honda Sound Works(以下HSW)のISO FUZZをゲットしました。
モーサム・トーンベンダーの百々くん使用で有名なFUZZですね。

IMG_0707.jpg

コントロールはヴォリューム、トーン、ゲインの三つ。
モズライトのファズライトをベースに開発されたそうで
磯の香りが漂うイメージのトーンだから、名前がISO FUZZなのだそうです。

まぁ磯の香りが感じられるかどうかは別として(笑)
このFUZZにはほとんどブーミーさがありません。
ジリっと焼け付くような質感でドライな音。
自分には初体験のFUZZですね。

それで…もしかして個体差があるのか、
もしくは元々こういう仕様なのか分からないのですが
自分がゲットした個体はあまり爆音が出ません。あとサスティーンも少ない。
マフ系のような、どこまでも音が伸びるというFUZZではないです。

そして一番の特徴は、ギター側でヴォリュームを絞っても
ブライトさが保たれたまま、という事です。

で、ネットにも書いてありましたけど
FUZZとして使うのも勿論いいのですが
個人的にはトレブル・ブースター的な使い方が、かなり気に入りました
先ほど申しましたようにとてもトレブリーであるがゆえに
例えばシングルコイルのリアPUでトーン全開のままだと
かなりキンキンしたトーンになります。

なのでトレブル・ブースター的に使うのであれば、逆に
FUZZ側とギター側のヴォリュームとトーンを抑えめにする必要があります。
で、必要に応じてギター側のヴォリュームととトーンを上げ下げして調節すると
例えばストラトのフロントPUを選び、そのセッティングで弾くと
あくまでイメージですが、レイ・ヴォーンのストラトのように
相当解像度の高い、クリーンだけど太い、そんなトーンになります。
それでギター側でヴォリュームを全開にすれば
少しゲートがかかったブチブチしたローゲインFUZZトーンに。

ジャキジャキした攻撃的なトーンが欲しい人は無視して下さい(笑)

IMG_0708.jpg

スペックが分からないので確信がないのですが
ゲーテッドな音という事は、トランジスタはゲルマニウムなのでしょうか?
もうそういうのが全然分からないので詳しい方に教わりたいです(;^_^A

とにかくセッティングをそれなりに詰めないと難しいFUZZかも
使いこなすにはピッキングは勿論、アンプも含めて考えなければなりません
しかし、これはHSW製品すべてに言える事で
いつでも誰でもすぐにいい音が出せるという物ではないかも知れません
それが故にギタリストとしては探求心をくすぐられるし
使いこなせたらこれだけ強い武器は他に無いのではなかろうか、と思うのです。






で、そんなHSWですが、相変わらず返信に答えはありません。

楽器版「はれのひ」問題ともいうべきこの詐欺事件は
沢山の被害者を排出し、何故か立件も出来ずにそのまま野放し状態です。
HPで製品を公開、注文を受け、事前にお金を振り込ませ、そのままドロン。
私が確認しているだけでも少なくとも数百万円分のオーダーを受けたまま
当然、注文主には製品は届かず、私も金銭的な被害は全くないにしろ
HSWにリペアで送ったワウ・ペダルがいまだに戻って来ません。

しかもHSWの受付になっていたBuddy Sound Worksも
実はこのような酷い事をやらかしてまして
以前ライヴを見させて頂いたハンサム判治さんも被害者の一人です。
(詳しくはコチラより。)
Sound WorksではなくSagi Worksなのではないか!?と思ってしまうぐらい
この二つの会社はグルなのではないか?と思う程に最低最悪な事をやっています。
貸し出してもらった人の楽器を勝手に売り飛ばすとは…怒りで震えます。

プレイヤーにとって楽器とは、自分の人生、自分の分身ともいえる大切な物。
少なくとも楽器に携わる人間として、そこは痛い程分かってるにも関わらず
多くの人達の心を踏みにじり、傷つけ、詐欺を働いた。
ハッキリ言って、まともな人間が出来る事ではありません。
良心の呵責というものが無いのでしょうか?
何かに洗脳されてしまったんでしょうか?
人間として一番大切な物を無くしてしまったようです。哀れですね。

警察はなかなか動いてくれませんし、詐欺として立件するのがとても難しいようです
そんな事を聞くと、司法や警察組織とは一体何のために存在しているのか?
加害者に甘く、被害者に厳しい。こんな事は絶対におかしいし、許してはいけない!
真面目な人がバカをみて、ふざけた奴らがほくそ笑むなんぞあってはいけない事です。

じゃあ何故、そんなHSWの製品なんか買うのか?と言われると
「製品そのものには罪はない」し「製品としては素晴らしいから」
…と言うより他にありません。
罪は、作った人間そのものにあるのです。
新品は手に入らないので中古ですし、
やはり本多氏の作る、特にドライヴ系のペダルは自分にとって最良の物だから。
やはりこれだけインスピレーションの湧くペダルは他にないです。

正直、本多氏をリスペクトする気持ちはとっくの昔に失せました。
まぁ自分の、人を見る目がなかったのかも知れませんが
やはり裏切られたという気持ちが消えません。
しかし、許したいという気持ちもあります、が…
自分は許しても他の被害者の皆さんは許さないでしょう。
社会通念的に考えても罰は受けるべきです。

まぁここで言っても仕方ないとは思いますが

本多さん、もういい加減にしなさいよ。
そろそろ年貢の納め時だよ。
多分、一生貴方は信用されないと思うけど自業自得です。
しかし、貴方にはやる事が沢山あるはずです。
いつまでも逃げていたら精神的にも疲れますよ。
色んな意味で楽になりなさい。
カウンター
2012/9/6より
プロフィール

Young

Author:Young
ROCK&ROLLが俺の燃料。活きる力。

QRコード
QR