FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 08. 27  


TeenageFanclubのジェラルド・ラヴが脱退…とのニュースを
名古屋で楽しく酒を飲み、ホテルに帰った後に知りまして
さっきまでの最高の気分がいきなり奈落の底に突き落とされたような感じで
本当に辛かったです。

TeenageFanclubというバンドそのものがわたしの音楽的なDNAであり
ビートルズと褐色のない程自分には不可欠なバンド。
その中でもジェラルドという人はメンバーの中でも一番
リード・シングルを書いているソングライターであり
彼の存在失くしてTeenageFanclubは絶対に語れません。

どのような理由で脱退するに至ったのかは
コチラの記事に書いてはありますが、実際にどのような心境での事なのかは
計り知る事が出来ません。

ただ年齢も年齢だし、長時間の異動を伴うワールド・ツアーがとてもしんどいという事は
理解の出来る事ですし、実際にツアーからは引退するというエルトン・ジョンやスレイヤーという
先輩達もいる事ですので仕方ないかとは思いますが
ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンのようにツアーは他のベーシストに任せ
メンバーとして在籍しつつ、レコーディングやソングライティングには参加も出来たはず…
先ほどの記事にも「グループを離れたくなかった」「辞めさせられたわけではない」と
書いてあったので基本的には円満退社なのだとは思いますが
いくら仲のいいグループでも長年やっていると本人達には蟠りや
ズレなどはどうしても多かれ少なかれあるはずなので
色んな鬱積がワールド・ツアーをする時に破裂してしまったんじゃないかと
個人的にはそう思っています。

バンドとなると、一種の仲間意識というかギャングの一員でなければならないところがあり
それは強い連帯感を生むのだけれど、結局は他人の集まりだし個々の違いを押しつぶしながらの活動は
やはりとても難しいものだという事は、バンドをそれなりにやってきた自分にはよく分かります。

ま、色々とあるにせよ、バンドもジェラルドもお互いに袂は分かつことになったけど
俺としては双方ベストを尽くしたと思うし、これからの音楽活動も楽しみにしているし
双方のこれからの未来の更なる発展を心から願うばかりです。



ジェラルド脱退のニュースからほどなくして
長年、バーナード・バトラーのブレーンとして活躍されて来た
日本人ドラマーのマコト・サカモトさんがお亡くなりになったという知らせを
バーナードのインスタで知り、愕然としました。

スウェードを脱退し、マッカルモント&バトラー、ソロ、ザ・ティアーズと
ほぼバーナードとずっと活動を共にされていて
メンターとしての役割もこなしていたのではないかと思われます。

聴けばブリリアント、ツボを押さえつつシンプルで
アップリフティングな曲も内性的な曲も叩き分け
バーナードの音楽に立体的かつ深みを与えていた…
そんな懐の深さを感じさせるドラミングでした。

個人的にはマイスペースで繋がって頂き
何かの時にメッセージのお返事を頂戴した時は感激しました。

本当に残念でたまりません…心よりご冥福をお祈り申し上げます
スポンサーサイト
2018. 08. 22  
なんとか4時間程寝られたでしょうか…
頑張って起きて名古屋駅に向かいました。

目的地は伊勢神宮
生涯に一度は訪れたかった場所です。

名古屋駅から「快速みえ」に乗り、約2時間弱程で
外宮の最寄駅「伊勢市」駅に着きます。
しかしここでわたしはミスを犯しました。
地下鉄からの流れで「快速みえ」にもそのままICカードで
乗車してしまったのですが…
何と伊勢市駅にはICカードのままでは行けない
伊勢市駅でICの取り消しも出来ないという事を
切符をチェックしに来た車掌さんに言われてしまったのです…。

IMG_3842.jpg

仕方なしに現金で精算しましたけど
伊勢市駅でICの取り消しも出来ないという事は、
それまでICカードが使えないという事。
なので、外宮から内宮に行くまでのバスもSuicaは使えず
小銭で支払うという、本当に数年ぶりの体験が出来ました(;^_^A

IMG_3844.jpg

IMG_3845.jpg

ま、気を取り直して何とか伊勢市駅に到着しました。
ここから徒歩で5分程行きますと…

IMG_3847.jpg

外宮の、最初の鳥居が見えてきました。

IMG_3847.jpg

IMG_3849.jpg

IMG_3850.jpg

IMG_3851.jpg

やはり荘厳なる雰囲気です。

タレントの松居一代が
「私は毎年凄い額を寄付しているから、普段見られない場所にも通して貰える」と
恥知らずにもテレビでそう自慢していたのを覚えています。
確かに職員の方や職人さんにはありがたいだろうけども
神様は金のあるなしで人を差別する訳じゃないのに…と、そんな事を考えていました。
大金持ちのタレントだろうが、貧乏人のわたしだろうが
神様は同じ扱い。同じ人間としか見ません。

しかし…この外宮にいる時からわたしの体がヤバい事に。
というのも、こちらは曇り空の天気なのに大変蒸し暑く、湿度が相当高い
もう汗びっしょりの状態でタオルで拭いても吹いても汗がとまらず。

IMG_3853.jpg

前述した、外宮から内宮へ繋ぐバスに乗り、内宮へ

IMG_3854.jpg

IMG_3855.jpg

IMG_3856.jpg

IMG_3857.jpg

内宮の側を流れる五十鈴川。清らかな流れでした。
こうしてみると伊勢神宮というのは本当に自然豊かな場所なんだなと
改めてそう強く感じました。
だからこそ「日本人の心のふるさと」と言われる
所以もあるのでしょうか…。

IMG_3858.jpg

IMG_3860.jpg

何だか、そこに行っただけなのに
静かに手を合わせて来ただけなのに
何となく心がほぐれて毒素が清められた気がします。
三重県がご実家の知り合いも
地元に伊勢神宮があるのは誇りだと言ってました。
それは凄く分かりますね。

外国人が沢山いるのかなと思ってまして、ま、確かにいる事はいたけど
今回わたしが行った時に限って言えば、明らかに日本人の方が多かったです
やはり日本人は一度は行きたくなるのかなと思いました。

IMG_3861.jpg

IMG_3863.jpg

参拝も済んだし、おかげ横丁にも行ってみました
内宮よりもこっちの方が人が多くて、
人が多すぎて到底、赤福本店には並ぶ気にもなれず(;^_^A
そしてこのタイミングでスコールのような雨が降ったりやんだりの繰り返し

タイトルの「びっちょびちょ」というのは
まさにこの時のわたしを言い表した言葉でした(笑)
だって凄いんだもん!汗だくな上に猛烈な雨。傘なんかないし。
今思うとちゃんと天気調べて、着替えと傘を準備すれば良かった…。

もう十分見たし、歩いて足が疲れたしでは名古屋に戻ろうと。
で、知り合いが言うにはJRより近鉄を使った方が
電車の本数もあるし時間も少ない…という事でしたが
ICの取り消しするのに結局はJRの駅でなければ出来ないので
電車の時間を調べると何とか頑張れば行きに乗った
「快速みえ」に乗れることが分かったので急ぐことにしました。

何とか発車1分前に乗車出来、隣に人が乗って来ない事を祈りつつ
(汗臭いのとびっちょびちょなので)
無事に名古屋に到着しました。
シートを濡らしてしまったかも知れないので
JRの方にこの場を借りてお詫びいたします。
申し訳ありませんでした…。

IMG_3865.jpg

名古屋駅に到着し、何とかICの取り消しも出来て
やっと…一杯。美味すぎる。

IMG_3866.jpg

スパゲティハウスチャオというあんかけスパのお店でやっとこさ昼飯。
俺の勝手な想像だと、あんかけというから
中華のそれをイメージしていたのですが
あれほど濃厚という感じではなく
少しとろみがあるソースのような
そういう感じで食べやすかったです。

一口にあんかけスパと言ってもトッピングが色々選べて
麺の量も選べて…という風にかなり自由度が高いです
麺の口径はかなり太めですね。
お上品に食べるというよりもガッツリいく感じ。
なのでわたしがいた時間は女性よりも男性が多かったです。
いやーでも美味かった(^▽^)

IMG_3871.jpg

IMG_3872.jpg

またまた地下鉄でホテルへと向かい
部屋に入るや否や濡れている服を全て脱ぎ
シャワーを浴びて、何とか一息つきました。
そこにはお土産で買ってきた赤福が…こちらを見てました。
賞味期限も明日だし、ダメにしたら勿体ないという事で
仕方なく、あくまでも仕方なく(笑)食べました。
というか、赤福に抗う事など出来ません!!(笑)

夜はどこに繰り出そうかな…なんて考えながら
疲れたので軽く横になってました。

しかし、それが運の尽き。

ハッと目を覚ましたら午前3時を回ってまして
折角最後の名古屋ナイトライフがオジャンでした。
今でも悲しい…。

IMG_3879.jpg

朝、ホテルをチェックアウトし、空港へ向かうバスに乗る為
栄のオアシス21に。テレビ塔のすぐ隣にあるんですね。
登る事が出来なかったので写真だけでも取りました。

バスは時間通りに来たのですが
空港へ向かう道が渋滞…

名古屋でタクシーに乗った時にドライバーさんに
「流石、名古屋は道が広いですね」と話しかけましたら
「道は広いけど渋滞がひどいよ」とバッサリ斬られまして(;^_^A
その意味がやっと理解出来ました。

結局、通常の倍の時間がかかってしまい
チェックイン出来るか不安でしたが、なんとか大丈夫でした。
しかし空港でお土産を買う余裕はなかったなぁ…

IMG_3883.jpg

帰りの飛行機は色がゴールド。
ドナルド・トランプ氏が乗りそうな感じでした(笑)

IMG_3888.jpg

IMG_3890.jpg

IMG_3891.jpg

21日の伊勢に行った時は大違いの晴れ。
飛行機内は想像よりも狭くは感じられず、大柄のわたしには良かった。
カウンターの方が親切にも、隣の席が空いているところにしてくれたというのもあるけど
FDAはまた利用してもいいなと思える会社でした。

山形に無事到着。
な ん だ こ の 暑 さ は !!
気温は名古屋と余り変わりが無いのですが
名古屋はジワジワと湿度も高い感じですが
山形の場合は突き刺すような、ガツンと来る暑さ…
同じ日本でも、同じ暑さでもこうも違うとは。

しかし、また名古屋に戻って来たいなぁ…本当に楽しかった。
次はもっとゆっくり街を散策してみたいです。
よく名古屋には名所が少ないと言われますが
自分としては普段住み慣れてない街並みを歩くだけでも
いい思い出になります。
名所はあれば勿論行きたいし、あればあっただけいいのですが
電車やバスの車窓から見える普通の人達の家並みを見てても
この土地にはこの土地なりの、人達の生活があるんだな…と
ぼんやり考えていました。

それでは、2日でどれだけ歩いたかの発表です。

IMG_E3873.jpg

20日は14892歩。

IMG_E3892.jpg

21日は13772歩。

思ったほどは歩いてないですね。
東京だともっと歩きますが、でもこの時期ですからね
歩くにも体力消費がハンパないしこの暑さだし
とりあえず普段よりは歩いた、という事で(笑)

と、まぁ大変充実した西への旅でした。
伊勢が晴れてくれてれば良かったのにという事と
夜に寝ちゃって飲みに行けなかったという事以外は大満足です。
学校の修学旅行じゃあるまいし、きっちりスケジュール通りにはならんし
あまりにも予定を決め過ぎても面白くないし。
ハプニングや予想外の事に何とか対応しつつ…の方が
記憶にも残りやすいと思うしね。

次はどこに行こうかな…。
名古屋でお世話になった皆さんに感謝申し上げます。
ありがとうございました。
2018. 08. 22  
東京から西には、何度か行った事もあったけど
それももう5年以上も昔の話…
今年の夏休みに名古屋へ行って来ました。

このブログではこの旅行については
Day 1 Day 2と2回に分けてお伝えしたいと思います。

今回も画像は多めです。よって文章も長いよ(笑)

IMG_3808.jpg

スタートはもちろん山形空港から
FDAを使い、県営名古屋空港まで
(セントレアではなく小牧の方です)
飛行機は久々だったので楽しみでした。

私は2型糖尿病でインスリンを打っているため
事前にカスタマーサービスの方に電話をしておきました。
よってチェックインなどはスムーズにいきましたが
(自動チェックイン機は使えず、カウンターの方で)
保安検査場の方でそのインスリンのキットを別に通す必要があるので
そこは要注意です。

IMG_3812.jpg

名古屋までは約一時間のフライトです。

名古屋空港から名古屋駅、栄などに出るには基本的にバスになります。
金額は片道700円ぐらい。バス会社によってICカードが使えたり使えなかったりします。
時間は渋滞しなけれぱ30分ほどでした。

IMG_3814.jpg

バスから見えた、名古屋テレビ塔

IMG_3815.jpg

ミッドランドスクエアというところでバスを降り、もう目の前がJR名古屋駅です。
そこから市のバスに乗り換え、市役所というところで降りました
(画像がその名古屋市市役所です)

市役所のバス停から歩く事5分…

IMG_3817.jpg

名古屋城です。

IMG_3819.jpg

天守閣が工事中なので見られなかったのが残念。

IMG_3820.jpg

IMG_3821.jpg

IMG_3827.jpg

IMG_3828.jpg

「尾張名古屋は城で持つ」…か。
お城が好きなので、歴史を感じつつの散策は実に楽しかった。
デート出来る相手がいたらもっと最高だったでしょうね(笑)

IMG_3829.jpg

それからホテルのある錦に向かい、地下鉄桜通線で「丸の内」で降りますと
このような「桜天神社」という小さい神社がありました。
後々調べますと、織田信秀が北野天満宮から菅原道真の木像を勧請して
那古野城に設けた祠に奉ったのが始まり…という神社でした。
名古屋三天神の一つとして数えられる、由緒正しい神社でした。

IMG_3867.jpg

今回お世話になったホテルがレッドプラネット名古屋錦さん
先ほど言った「丸の内」5番出口から東へ少し歩きますが
その桜通沿いに十六銀行の本店が見えてきますので
その建物の裏手になります。
タクシーを使う際には、まだ新しいホテルなので
「桜通沿い、十六銀行本店の裏手」と伝えると分かりやすいと思います。

IMG_3868.jpg

シングルルームはは小ぢんまりとしてますが
外資系のホテルらしく必要にして十分。むしろ機能的です。
もちろんWi-Fiも使えます。

IMG_3869.jpg

バスルームも非常にクリーンだし快適
しかしこちらにはバスタブがありません。シャワーのみです。
ですが、普通のシャワーとレインシャワーが選べるようになっていて
むしろバスタブが無い分、シャワーブースは広いです。

実はこちらのホテルにはわたしの友人が勤めてまして(笑)
それで泊まりたかったのもありますがホテルのバリューとしても素晴らしく
価格もリーズナブルだし、場所も繁華街に簡単に出られる立地の良さ。
友人がいるホテルだから、という事を抜きにしても十分お勧め出来るホテルです。

名古屋にお泊りの際には是非(笑)

IMG_3832.jpg

ホテルで少し休んだ後、友人達と合流する為、栄へ。
途中外国人の女性に、恵まれない子供達への寄付を求められ…
うさん臭かったけど、まぁこのお金が本当に子供達に渡る事を祈りつつ
少しだけドネーションしました。

それでも時間が余っていたので三越の中に丸福珈琲店があったので
そこでアイス・コーヒーを。お値段はなかなかでしたが(;^_^A
アイスでも十分、香りがふくよかに引き立っていて美味しかったです。

IMG_3833.jpg

IMG_3834.jpg

IMG_3836.jpg

IMG_3835.jpg

夕方にようやく友人二人と合流し、風来坊というお店に。
手羽先、というと世界の山ちゃんの方が有名なのですが今回はこちらに。
あまりスパイシー過ぎず、絶妙な甘辛さを持つ手羽先はなるほど、と唸る旨さ。
鶏のつくねも風味が凄く出ていてバクバク食べちゃった(笑)
友人二人とも会話が弾み、お酒が進み、最高に楽しい時間でした。

IMG_3837.jpg

後ろ髪引かれる思いで友人達とお別れし、わたしは一人ふらふら夜の街へ。
なんとなく入ったお店で飲んでいるとお店の方や
たまたま隣に座っていたお客様とも
楽しく会話が出来て、色々名古屋の事を教えてもらい
そこでもアルコールを投入
結局、3時過ぎまで飲んでました(;^_^A
いやーほんとに楽しかった(^▽^)
しかし、ホテルに戻る道すがら、外人らしき人間が奇声を発していたり
黒塗りの高級車が狭い道路を猛スピードで走り去っていたり…
繁華街の裏をすこーしだけ垣間見た瞬間でした。

ホテル着いたのが3時半ぐらいでしたのでシャワーを浴びて
そのまま就寝…次の日がもっと大変になるとは
当然この時点では知る由もない間抜けなヤングでした(笑)

Day 2に続きます。
2018. 07. 26  
「LGBTは生産性が無い」の杉田水脈氏、過去には「日本に女性差別はない」発言も

わたしはアホなので、ここで言われる「生産性」とは
一体どういう事なのかよく分かりません。
そもそも「生産性」という言葉を人間の為に使う事に違和感を覚えます。

車や家電などの製品の生産性を上げろ、というのなら話は分かりますが
人間に対して生産性という言葉を使うというのは一体どういう事なのでしょうか?

アホなりに生産性とは「子孫を作る」事を言うのだと思うのですが
もしそうだとしたら、子孫を生むように国がコントロールしなければいけないのでしょうか?
国がプライベートな事まで介入してくる…国にそんな権利があったとは初耳です。
我々はいつから国の為に生きる事を強いられることになったのか。

という事で普通の人間の感覚で言ったらツッコミどころも多い訳ですが
いかんせん悲しいのはこの女が言ってる戯言に、少なからず賛同者もいるという事です。

まぁそういう人間がいてもいいとは思います。頭の中までは誰もコントロールが及ばない。
しかし言葉や態度として世の中に出てしまったのならば責任を伴う。

人口のたった5%に満たないとされるLGBTのせいで
残り95%のストレートの問題にすり替えられてしまうという事がどうにもおかしい。
人口が減り続けているのはLGBTが爆発的に増えたせいではないし
過去にもLGBTは一定数生まれている訳ですから、それが日本の人口が減る理由には全くならない。
LGBTが増えたように見えるのは、メディアにそういう方々の露出が増えたからに他なりません。

で、彼女はこの発言をする事で結局何をしたかったのでしょうか?
何が目的であのような恥ずべき事をほざいたのでしょうか。

LGBTが早くストレートになって欲しいという事なのでしょうか?
女が男を愛し、男が女を愛すという状態にしたいという事なのでしょうか?
それともLGBTを全滅させたいという事なのでしょうか?

所詮たかだか一議員の発言で変わるのでしょうか?
わたしには全く理解出来ないしそれが実現出来るとも思いません。
特にLGBTを全滅させたいのなら、人類全てを全滅させないと無理なのです。
あの大量殺戮者である植松とかいう奴の考えと似ています。
で、実際にあの男はそれを実行した訳ですが、当然の事ながら出来ませんでした。
だってそれが不可能なのは歴史が証明してますから。
やろうとするなら、地球上にある核兵器をぶっ放す必要がありますよね。
それでやっと人っ子一人いない地球にしてこそ、LGBT全滅完了となる訳です。

あの女はこの発言を「自分の議員生命を賭けてでも発言する!」と覚悟を決めていたのでしょうか?
自分にはそんな風には到底思えません。
言葉が放たれた後のバックグラウンドも考えず、その時の思い付きを話したのです。
少しでもあの女に脳みそという物があれば、そしてハートというものを持っていたならば
こんな発言をしたところで何も変わらないし
何の意味もない無益なものという事ぐらいは分かるはずなのです。

しかし一度発射された、差別的な発言という名のピストルの弾丸は
現状の問題を解決に結びつけるものでも何でもなく
色んな人々のハートや自尊心、存在意義を傷つけただけ。
この鬱積する不満の中、日々暮らすのにも不安を感じつつ生きている人達を打ちのめした。
「やはり自分は生きていてはいけない存在だ」と思わせる原因を作った。
それを国民の代表である議員がそれを恥ずかしげもなくやったのです。
これが国会議員のやる事なのか。これがあの女の仕事なのか。
日本を破壊する工作員なのか。愛と平和と相互理解を乱すテロリストか。
それこそ何の生産性もない事を自らの発言で証明したのです。
唾棄すべき存在。唾棄すべき発言。わたしは絶対に許しません。
2018. 05. 01  
IMG_1912.jpg

いつも楽しみにしている東京散歩。
今回は中央線、立川駅から多摩モノレールに乗り
高幡不動駅で降りて、そこから徒歩5分ほどの
高幡不動尊へ行ってみました。

IMG_1915.jpg

新選組、土方歳三の菩提寺であるとの事で参拝に。

IMG_1914.jpg

IMG_1917.jpg

緑がとても豊かで心落ち着く境内でした。
しかし時間が遅くて不動堂などが見られなくて残念…。
それにしても多摩モノレールに初めて乗りましたけど
スピードはゆっくり目でしたが視点が高いので
乗ってて楽しかったです。

IMG_1925.jpg

IMG_1921.jpg

それから立川に戻り、もう少し時間があったので
諏訪神社に行ってみたのですが残念ながら閉門していて
中には入れませんでした…まぁ仕方ない。

IMG_1936.jpg

IMG_1937.jpg

IMG_1938.jpg

IMG_1939.jpg

夜は立川の友人と待ち合わせして
餃子のニューヨークという変わり種餃子のお店で
食べまくりました(笑)
居酒屋さんなんですけど夜は予約しないと入れないようです。

IMG_1957.jpg

他にも色々と行ったのですが今回一番歩いた場所が立川でした。
とても大きな街ではあるけど、新宿や渋谷というような街とはまた違った魅力を感じました。

夜は上野や浅草をぶらぶらしたりして今回も大変楽しい旅となりました。
また必ずリターンしたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。