FC2ブログ

チェルノブイリ・ハート(ネタバレ注意)



「チェルノブイリ・ハート」という、短編のドキュメンタリーを見た。
あの歴史的な大災害の弊害の一つ、特に子供達に起きてしまう謎の病気。
心臓に穴が開いてしまうという病気の事を「チェルノブイリ・ハート」と言うそうだ。

ネタバレ含むので、続きは追記にて。
スポンサーサイト



東京と箱根、小田原散歩~第3新東京市~

ブログ書くのが遅くなりましたが
一月の後半、またちょっと東京の方に行って来ました

285.jpg

東京に滞在する時は、基本的に上野が多いです
ホテル代を考えると、上野よりも他の地域の方が安かったりするのですが
自分の行動範囲や利便性を考えると、幾ばくか高くても上野が良かったりします

282.jpg

また友達の店で飲んでました

292.jpg

次の朝、JR上野駅から散歩スタート…と思いきや
そこから少し別の所にある京成上野駅からのスタートです

295.jpg

やってきたのはまたまた柴又

301.jpg

304.jpg

前に来た時は曇り空で、観光客も少なく、いい雰囲気でしたが
今回はとてもいい日本晴れ。そしてジジババが沢山(;^_^A
もしかすると男はつらいよ お帰り寅さんという映画の影響かも知れません。

313.jpg

319.jpg

322.jpg

325.jpg

328.jpg

334.jpg

337.jpg

柴又から金町を経由してやって来たのは根津神社
日本武尊が創祀したという由緒正しい神社
森鴎外や夏目漱石も近くに住んでいたらしく
文豪ともゆかりの深い場所です
何とも心が落ち着くところですね

340.jpg

バスに乗っていたらこんな懐かしい落書きを発見(笑)

343.jpg

個人的には、東京に来たら必ずと言っていいほど
参拝に来る靖国神社へ

344.jpg

345.jpg

何と、外国人の需要を狙ってかカフェが出来ていました
お腹も減ったし喉も乾いたのでビールとメンチカツカレーを頂きました

349.jpg

やはり、好きな場所です

352.jpg

355.jpg

358.jpg

361.jpg

364.jpg

靖国神社より市ヶ谷駅まで歩いて、亀戸天神社
学問の神様である菅原道真公を祀る神社
よって受験生などが多く訪れるそうです
ただ今回はご覧の通り参拝客もまばら
時間も遅かったし、時期も微妙に受験シーズンとは違いましたからね

368.jpg

バスで一度上野に帰り、友人と会う為大塚に行き
ラーメンを食べて来ました。
今回も色々とディープな話が出来て良かったです。

377.jpg

さて翌日…新宿駅からこのロマンスカーに乘って
一路、箱根湯本へ

378.jpg

ゆっくりとビールなんぞ啜りつつ約一時間半の小さな旅へ
ロマンスカーは初めて乗りましたが、とても乗り心地が良くて驚きました
もちろん、旅のBGMは村下孝蔵の「ロマンスカー」でした。

379.jpg

流石に一番前の座席は予約取れませんでしたが
普通の座席でも十分大きな窓から景色も楽しめました

579.jpg

箱根湯本
流石、平日なのにも関わらず大勢の観光客
駅前は車も混み、なかなか道も横断出来なくて困りました

382.jpg

385.jpg

388.jpg

早雲寺
箱根湯本駅から徒歩で15分ほど
北条早雲が亡くなった後に遺言より創建された寺
一時期小田原征伐の為、豊臣秀吉が本部を置いた場所でもあった

564.jpg

561.jpg

早雲寺よりほど近い場所にある
箱根花紋という旅館にて日帰り温泉を
まぁちょっとばかしお高いのですが
今回はたまたまでしょうけど、男湯には誰もいなくて
俺の貸し切り状態!
ゆっくり温泉を楽しんで来ました。

573.jpg

576.jpg

箱根湯本を流れる、早川

582.jpg

箱根湯本駅にあるエヴァンゲリオンの
オフイシャルショップ、えう゛ぁ屋
まぁ俺はエヴァンゲリオンには全く興味が無いのですが
エヴァ好きな友人の為にいくつかお土産を買って来ました
でも何を買ったらいいか分からずにテキトーに(笑)

594.jpg

591.jpg

597.jpg

600.jpg

606.jpg

616.jpg

この日の締めくくりは小田原城
北条家は豊臣秀吉によって滅亡した訳ですが
天守閣から街を眺めてますと歴史の悠久の流れを感じました
やっぱりお城はいいなぁ…

東京最終日…
上野のホテルをチェックインした後、とりあえず浅草へ

image0.jpg

と、その前に、上野と浅草を結ぶ浅草通りから
少し入ったところに下谷神社があるので参拝。
敷地は広くないですが、都内最古のお稲荷様。

image1.jpg

その後に浅草に少し寄って、いつもの浅草神社へ参拝。
この時、浅草寺の仲見世を歩いていたら
修学旅行生である女子中学生を白昼堂々と痴漢していたジジイが!
しかし咄嗟の事だったので捕まえられず、本当に悔しい
とても卑劣な犯罪…女の子が可哀想でした
しかしそれ以上に何も出来なかった自分に腹が立った。
東京に居て、唯一の嫌な思い出。

image2.jpg

浅草からバスで錦糸町。錦糸町から三越前、そして日本橋へ
日本橋高島屋でのクイーン展を見に行って来ました
平日なので高をくくってましたがとんでもない
バ…いや、当時クイーンに身悶えしたであろうご婦人達が沢山
チケットを買うにも30分近く並ぶことに。

中に入ると当然大盛況。
メンバーの美しい写真や直筆の歌詞
ブライアン・メイのレッド・スペシャルのレプリカ
圧巻のパフォーマンス映像…
とても見ごたえがありました

流石に去年見に行ったストーンズ展ほどの規模ではなかったけども
コンパクトに見て回る分にはとてもちょうど良かったです。

image3.jpg

内部で唯一写真撮影が許可されているフレディーの人形
まさにウェンブリーでのライヴの勇姿が蘇って来そうでした。
マニアという程ではないけれどクイーンは本当に大好きだし
今もアダム・ランバートをヴォーカルに迎えて頑張っている
本当に尊敬の念が絶えないし、故にフレディーの死が今も惜しまれます。


image4.jpg

image5.jpg

たまたまちょっとエフェクターを冷やかしに御茶ノ水へ
目的の品が見つからずガッカリ
そんな時にたまたま辿り着いたのが東京復活大聖堂教会
通称、ニコライ堂…日本の寺仏閣を沢山見たので
教会も見られるかも知れない!という事で中に。
しかもたまたま見学で出来る時間帯だったのでラッキーでした。

教会ですので当然中は撮影禁止。

しかし…「荘厳」の一言。
目に入るもの全てが圧巻の美しさでした。
言葉ではとても伝えきれないので興味のある方は
是非見学してみて下さい。
300円が必要ですが、見る価値ありです。

…とまぁ、今回も実に楽しい旅でした
友達とも会えたし、心を満たす事が出来たし満足です。
また、行きたい。

Second Light

IMG_0339.jpg

今年もHiraya氏から新作が届けられた。
タイトルはSecond Light。

IMG_0342.jpg

文字情報がタイトルトラックのみなので
アルバム自体に何かコンセプトがあるのかどうかも
よく分からない。

しかし、「灯台」とか「波」というタイトルを見ると
ジャケットのデザインから考えるに
一つは「海」というキーワードが浮かんだ。

でも音楽そのものは鳥の鳴き声や自然音に
キーボードの単音メロディーを入れたミニマルな物。
何もかもがシンプルなので、もう一つ「シンプル」という
キーワードが出て来た。

最後のトラックが「La Foile~Before 3.11Landscape~」
「La Foile」とはフランス語で「狂気」とか「狂っている」という意味である。
それに「Before 3.11Landscape」というタブタイが付いているけども
これは明らかに東北大震災を指しているとみられる。

確かに大震災による被害はそれこそ「狂気の沙汰」であったが
「狂気」と「大震災」と、そして「音楽」の三点が一本の線で結べるのかどうか
俺としては全く持っての謎である…。

ほぼ何の情報もないまま送られて来たので
このアルバムを読み解くのは非常に難しいし
何を表現したかったのかまるで分からないけれども
俺はHiraya氏がこうして音楽を創り続けているという事実こそが
アルバム・コンセプトを読み解くよりも
遥かに重要なのだと考えている。

大阪・奈良、ちょっぴり東京散歩~悲しい色やね~

今年は10月の長崎の旅で終わりかと思いきや
久々に関西に行く事にもなってしまいました(;^_^A

IMG_0043.jpg

前日に仙台入りし、翌朝早く仙台空港へ

IMG_0045.jpg

朝は牛肉うどんを食べて、いざPeachにてテイクオフ。
しかしPeachのシートピッチが殊の外狭く
俺のような190cm近い身長の人間には非常にキツかった
もしまたPeachに乘るならばオプション料金払っても
広いシートを予約しなきゃ…と思いました。

IMG_0048.jpg

仙台から関空まで約90分ほどのフライト
まさにブルー・スカイ・ブルー。気持ちのいい空。

IMG_0049.jpg

関空に到着後、関西空港駅から難波行に乘り、一旦新今宮へ
最初に大阪の地を踏んだのも新今宮。
飛行機から見た空とは打って変わって、大阪の悲しい空の色やね…
あの独特の「匂い」を嗅いだ時に、ああ大阪に来たなという実感が。

IMG_0050.jpg

IMG_0051.jpg

IMG_0052.jpg

新今宮から環状線に乗り換え、大阪城公園駅
それから大阪城へ。本当は登りたかったのですが
友人との約束の時間が迫っていたので断念。
城への道すがら色んな飲食店が立ち並ぶテラスが出来ていました
どうやら外国人観光客を狙ってのものらしいです。

IMG_0053.jpg

また環状線に乗り込み、大阪のシンボル通天閣へ。
その真下で友人と落ち合い…

IMG_0054.jpg

新世界で串揚げを頂きました。
初めての串揚げ。色々と友人にレクチャーして頂き
大変美味しく頂きました。酒も(笑)

IMG_0055.jpg

いかにもな場所でいかにもな写真を(笑)
既に出来上がってて上機嫌(笑)

IMG_0056.jpg

キダタロー氏のあのメロディーが頭に浮かぶ(笑)

IMG_0057.jpg

IMG_0058.jpg

東北には無くなった明治カールのビジョンの前で。
こうやって写れるって知りませんでした。

友人とはここでお別れして、俺は一旦ホテルに。
今回は本町のホテルを取ってみましたけど
場所的には御堂筋線沿いだしナイスなロケーション。

IMG_0061.jpg

画像ではちゃんと写せなかったのですが
ホテルからイルミネーションが綺麗に見えました。
それから難波の方に飲みに行き、楽しい時間を過ごしました。

IMG_E0161.jpg

この日はこんな感じ。
東京に比べると少なめでしたね。

IMG_0062.jpg

次の日は早く起きてホテルの朝食を。
スタンダードなメニューに加えて、またも大阪の串揚げとか
とん平焼きを頂きました。美味しかった。
そしてそのままホテルをチェックイン。

IMG_0069.jpg

IMG_0070.jpg

本町から中央線で生駒で乗り換え、そして近鉄奈良駅に到着。
そこから奈良公園を目指して徒歩移動です。大体15分ぐらい。

IMG_0071.jpg

途中、こんなお定めがあったりして。
鹿が読める訳ないのにね(笑)でもお茶目でいい感じです。

IMG_0072.jpg

IMG_0075 - コピー
IMG_0076 - コピー
IMG_0077 - コピー

興福寺と五重塔。素晴らしい。

IMG_0078 - コピー
IMG_0079 - コピー
IMG_0081.jpg
IMG_0082.jpg
IMG_0085.jpg

俺が一番ビックリしたのは奈良公園の鹿です。
てっきり動物園の様に柵かなんかしてあって、管理されているのかなと思いきや
鹿たちはそこら中にいて、のんびり自由に過ごしていて
平気で道路を横断し、それらを車が停まって渡らせている光景が
あたかも普通であるかのようでビビりました。

IMG_0083 - コピー
IMG_0086.jpg
IMG_0090.jpg
IMG_0091.jpg

鹿せんべいを買って、あげようとモタモタしていたら
すぐに鹿が寄ってきて、挙句の果てには「さっさとよこせ」とばかりに
後ろから突っつかれました(笑)かわいいけどちょっと怖い(;^_^A
関西の友人が後で話してくれましたが
鹿せんべいを売っているおばちゃんがいるブースを襲ったりせず
観光客がちゃんと買ったのを見届けてからねだりに来るのです
それは本当に不思議だと言ってました。
確かにヒトに慣れているとはいえ、あれだけの鹿の数…
おばちゃん一人蹴散らし、売り場ごと襲うなんて事なんざ造作もないはず
統制の取れた人間のよう(笑)

IMG_0094.jpg
IMG_0096.jpg
IMG_0097.jpg

東大寺…東洋随一の木造建築。
二度の火事消失にも関わらず…圧倒的なスケールでした。
こんなに凄い建物だとは…やはりこの場所に足を運んでみないと
分からない事だらけですね。

IMG_0098 - コピー
IMG_0099 - コピー

大仏様も…本当に素晴らしい。
言葉は何もいらないですね。

IMG_0104.jpg

来て良かった。

IMG_0106.jpg
IMG_0107.jpg

画像はイマイチですが、所々美しい紅葉がまだ残っていて
歴史と共に情緒を感じました。

IMG_0109.jpg

飛行機の時間もあったので最後に正倉院だけ見て
たまたま駅行きのバスが来たのでそれに乗りました。

IMG_0110.jpg

伊丹空港へ向かう高速バスの乗り場の近くに
シャンブルという名前の喫茶店があったので
水分と糖質補給。
俺はおしゃれなカフェよりもこういう昔ながらの
喫茶店が好きです。

IMG_0113.jpg

近鉄奈良駅からバスで約1時間程で伊丹空港へ。
これから羽田までひとっ飛びです。

IMG_0115.jpg
IMG_0118.jpg
IMG_0120.jpg

本当に短すぎる時間でしたが
久々に関西に来られて嬉しかったし楽しかった
ただ本当に時間が無さ過ぎていつも帰りたくない気持ちになります。
しかし、ちょっと足りないぐらいがちょうどいいのでしょう
たっぷりと堪能してしまうと次へのモチベーションが低くなりますからね

と、羽田には1時間ほどのフライトで到着。
そこから都営浅草線で浅草へ。

IMG_0130.jpg

一旦、浅草のホテルにチェックインすると
東京の友達と浅草のシュラスコのお店
シュハスカリアキ・ボンさんで肉!
シュラスコだけではなくビュッフェもかなり美味しい。
お値段は…浅草という場所柄まぁこんな感じか…ってとこですが
お店の方も、お店の雰囲気もいいしお勧めです。

それから友達と歩いて上野に飲みに行き、そこでお別れして
俺はまた一人とぼとぼと浅草へ歩いて帰って来ました。

IMG_E0162.jpg

割と歩いたと思ったのですが記録はそれほど伸びず…
でもいい運動になりました。

約六年半ぶりに訪れた大阪…そして奈良。
昔は関西に、どちらかというと苦手な意識を持ってました
東北人には無いアクの強さというか、派手で目立ちたがり屋という部分が
生粋の山形生まれの人間からするとちょっとな…という感じでした
しかしそれ以上に人好きのする温かい人が多いと思ったし
何しろ東北にはない魅力がてんこ盛りだし
奈良に至っては、大阪ほどのファンキーさはないけども
歴史と情緒に溢れた、美しいところでした。
凄く雰囲気が好きになりましたね。

こうやって地元を離れて、その土地の美味しい物やお酒を
その土地の人と楽しみ、語らう…何と最高な事か。
またいつか色んな所行きたい…。
旅をして、色んな物を沢山吸収する事が
自分のライフワークの様になってきました。

Fret Butter

IMG_9546.jpg

なんかもっとフレットや指板を
楽にクリーニング出来るグッズはない物か…と
調べていたらこれに出会いました。

dmi guitar labs フレット磨き専用クロス Fret Butter

詳しくはリンク先を読んで頂きたいのですが
とにかくズボラな俺にはピッタリのグッズです。

IMG_9547.jpg

クリーナー液が付着している小さなクロスですが
弦を外して、軽くフレットや指板に塗るだけ。

IMG_9548.jpg

あとは綺麗なクロスで乾拭きするだけです。
黄色の綺麗なクロスがこんなに真っ黒になってしまいました。
これだけ汚れてるんですね…ビックリ。
ギタリスト・ベーシストの皆さん、ギターを弾いたら手を洗いましょうね。

IMG_9549.jpg

写真では分かりにくいと思いますが
新品同様…とまでは言いませんが、かなりピカピカになりました。
このフレットバターは一つ大体1300円ぐらいでした。
密閉しておけば20回ほど繰り返し使えるという事で
弦交換の時にでも、弦代プラス70円ほどでフレットも綺麗に出来るという事です。
となると、決してコストも高くつく、という感じではないかと思われます。

ご興味のある方は、一度試してみては如何でしょうか(^▽^)/
カウンター
2012/9/6より
プロフィール

Young

Author:Young
ROCK&ROLLが俺の燃料。活きる力。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ