FC2ブログ
2018. 11. 27  
皆さんはUNIVOX SUPER FUZZというファズをご存じだろうか。

元々は日本のメーカーであるハニーが作ったファズですが
OEM生産により、ほぼ同じ設計、回路のファズが沢山製造されました。
グヤトーン、シンエイ、ロイヤル…UNIVOXはその中の一つです。



使用者で一番有名なのはザ・フーのピート・タウンゼントでしょうか。
Nirvanaのカート・コバーンもその名に連ねています。
サウンドはYouTubeを見て頂けると分かる通り
アッパーオクターヴの成分が混入し、マフとはまた違った爆発力を持ち
ゲインが破壊的で非常に官能的な響きを持つファズです。

わたしも欲しいのですが、なにせオリジナルは2桁台にも届くかという程
プレミアな金額が付いてしまい手に入れるのはなかなか難しい…
しかし近年、ロイスやブラック・キャットといったメーカーがリイシューを出して
それぞれ展開していますがそれでも高価である事は否めません。

そんな中、わたしはヒズミ屋さんのHPで出会ってしまったのです…
ローズ・モーリス社の「Shaftsbury Duo fuzz」クローンの存在を。
このShaftsbury Duo fuzzはUNIVOX SUPER FUZZと同じOEM製品なのです。

IMG_4873.jpg

これがこの、Studio FIF 「The Hopper」です。
もう、まずは黒御影石のようなフィニッシュを見ただけで
「こやつ、出来る…」と思わせるファズです。

IMG_4879.jpg

中身も実に丁寧に組み込まれていますね。

実際にストラトで音を出してみると…「音の洪水」に巻き込まれるかのような
非常に豊満な倍音と、先ほど言った様にマフ系とはまた違った爆発力があり
サスティンも長く、金属的な質感を含むトーンが実に気持ちいい
二種類のトーン切り替えで、トーンがガラッと変化します。

ミニスイッチを上にするとミドルを集中させたが如く
密度の濃いファズトーンで、イメージとしてはブライアン・メイのような
少し鼻詰まりしたような音になります。

スイッチを下にすると、レンジが一気にドンシャリに広がり
まるで「水でパンパンに膨らんだ風船を断ち割るか如く」の
オープンなトーンに。

後は、ビルダーの方のお勧めとしてベースやオルガンにも最適という事で
オルガンはないのでプレベに繋いで弾いてみると…

カ、カ、カ、カッコいい…

大抵、ベース・ファズというと原音も潰れてしまい腰砕けの音になりがちですが
これは原音はそのまま、倍音が豊富に含み非常にロックなトーンで
図太く本当にカッコいいとしか言いようがありません。



この「The Hopper」のネーミングの由来は
元ソフト・マシーンのベーシスト、ヒュー・ホッパーだそうで
確かにヒューはShaftsbury Duo fuzzを使っていますね。

決して器用なファズではありません。
倍音が豊か過ぎるが故にギターでのコード弾きをしてしまうと
潰れてしまい、音の抜けがイマイチです。
普段、わたしはトレブリー過ぎるが故にストラトのリアPUを使わないのですが
このファズに関して言えばストラトのリアPUは有効かもしれません。
しかし単音のギター・ソロやコード弾きを必要としないベース・ラインには
そのアッパーオクターヴ成分がメタリックに響き抜けが良く
弾いていてとにかく気持ちいいです。

Studio FIFさんは
基本的にヒズミ屋さんでしか取り扱ってないという事なので
もし興味を持たれましたらヒズミ屋さんへ問い合わせをしてみて下さい。

あと、ヒズミ屋さんの紹介ページをご覧頂くと分かりますが
スペックが殆ど載っていません
何のトランジスタを使い、こんな高品質なパーツを使用し…など
そういう情報が書かれていないのです。

今は「目で見た情報」でモノを買う時代。
それはギターや楽器とはいえ切り離す事が出来ません。
そんな中でわたしは職人魂のようなものを感じました。
結局の所、楽器は「感じた物が全て」
正直、どんなパーツを使ってるだとかは結果論に過ぎず
どう感じるかには直接関係がないのです。
自信があるからこそスペックに頼らない。
名店とされる美味しい店はレシピを公開する必要がない。
それと同じような心意気を感じるのです。

クソと思うかゴールドと思うかはプレイヤー次第。
乗りこなせるか乗りこなせないのかもプレイヤー次第。
全ては我々の手に委ねられているのです。

このペダルはコスパとか言う薄っぺらな言葉では
到底はかり知る事が出来ない魅力がギッチリと詰まっています。
スポンサーサイト
2018. 11. 26  
先週はまた東京に行って来ました。

先月からそれほど時間が経ってない中での上京でした。
実は、今年に入ってお互いに会いたいですと約束していた方を
二人も亡くしてしまったので、会えない事がとても悔しくてたまりませんでした。
自由に行き来出来て、人と会う時間は決して多くない…
そう思うと、今会っておきたい人にはどうしても会いたくなってしまい
ちょっと無理してでも行こうと思ったからです。

IMG_4713.jpg

東京に着いて上野で一杯やってから

IMG_4718.jpg

翌日は浅草の浅草寺へ

IMG_4719.jpg

ようやく大わらじを見る事が出来ました。
てっきり雷門に裏に飾られていると思っていたのですが
雷門と浅草寺の間にある、宝蔵門の方でした(;^_^A
前は雷門だったのに…。

IMG_4723.jpg

IMG_4720.jpg

IMG_4721.jpg

IMG_4724.jpg

IMG_4727.jpg

靖国神社へもお参りに行きました。
来年は設立百五十周年という事で、あちこちが修理修繕されていました。
また来年、改めてお参りに行こうと思ってます。

それにしても東京はあたたかい。
寒いよりマシかとコートを着て行ったのが運の尽き
既に汗びっしょりです(;^_^A
半袖の人とかワイシャツだけの人が結構いて、ぎょっとしたんですが
この気候だとさもありなん…やはり東北とは違いますね。

IMG_4730.jpg

IMG_4729.jpg

お昼は代々木にて
武蔵野アブラ学会というお店の油そばを。
モチモチの太麺がタレと合わさってとても美味しかったです。

IMG_4756.jpg

新宿にて、友人二人と合流。
しかしカフェは軒並み満員。流石は新宿(;^_^A
ぶっちゃけ新宿は苦手な街ですが用事がある場合は仕方ない
でもとても面白い街ですね。
おじさんが怒鳴りながら歩いていたりとか
タイガーマスクのかっこをしている人が通り過ぎたりとか(笑)

友人二人と分かれてから新宿アルタ内のHMVで
暇つぶしに入ったらレコード専門のHMVでして…
そうなると…買わない訳にも行かなくなります(;^_^A
ジミ・ヘンドリックスとマーヴィン・ゲイのレコードをゲット。
ふと見ると外国人の方が熱心にレコードを漁っているのが目につき
なんのアーティストを漁ってるのか気になってこっそり見てみると
ジブリアニメのサントラでした…マニアック。

IMG_4759.jpg

夜は別な友人と。
なんと、エビスコ酒場に連れて行って頂きました。
こちらはプロレス団体DDTの所属プロレスラーが実際にお店に立って
接客して頂けるという、DDTファン垂涎のお店なのです。

IMG_4757.jpg

IMG_4758.jpg

KUDOさんと伊橋さんとお話出来るとは…感激でした。
お料理もお酒も、そして友人との会話も楽しく
最高の夜でした!!

IMG_E4876.jpg

この日の歩数はこんな感じ。
まあまあでしたが、無理しなくてもこれだけ歩きますね…。

IMG_4858.jpg

翌朝、ホテルの朝食。
まさか新宿で山形のだしを頂けるとは思いませんでした。
とても美味しくておかわりもしちゃった(笑)

IMG_4862.jpg

新宿からもスカイツリーが見えるんですね。

IMG_4863.jpg

この日に帰るのですが、その前に別な友人と中野で待ち合わせ。
鳩が頭上ギリギリを飛んでくるので怖かった(;^_^A

IMG_4864.jpg

お昼はステーキ亭というお店に連れて行って頂きました。

何故か、店先でジョーが真っ白になってる(笑)

IMG_4865.jpg

朝飯もしっかり食べたのに、500gのステーキもペロっと(笑)
それでも2000円しない安さなんですよー美味かった。

ステーキと言えば、リベラミスターデンジャーにはいつか行きたいです。
プロレス・ファンの聖地ですね。

IMG_4867.jpg

あと友人にはヒズミ屋さんにも付き合って頂きました。こちらで今回購入したものについては追々…。

IMG_E4877.jpg

火曜日は実質半日ほどでしたのでこんなところ。
しかし、友達と食べて飲んで沢山笑って話もして
美しい時間を過ごさせて頂きました。
皆さんのおかげです。ありがとうございました。
2018. 11. 05  
ネット上では色々接点があったけど

一度もお会いした事はなかった。

だから今度会いましょうという話を二人でしていた。

最終的にメッセージを送ったのは七月後半。

しかしその返事は返っては来なかった。

俺が何か失礼な事でも書いたのか?もしくは忙しくて読んでないのか?

でもその時には既に、もう亡くなっていたのですね…。

その事を今日知って、打ちのめされています。

ああ、実際にお会いして話をしたかった。

人生は長いようで短い。

会いたい人には会っておかなきゃダメだ。

そして自分が大切にしている人達に感謝を伝える事。

愛している人には愛していると伝える事。

Kさんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
2018. 10. 28  
さて、東京滞在最終日でした。
どこへ行こうかなと思った時に
なんとなく海が見たいと思いました。

IMG_4362.jpg

…という事で江の島までやって来ました。

IMG_4364.jpg

鎌倉から江ノ電にて江の島まで。

IMG_4338 - コピー

IMG_4339 - コピー

あーやっぱり周りを山で囲まれたところで生きていると
海に来ると爽快感や解放感が味わえます
天気も素晴らしくて、気持ち良かった。
天気良すぎて暑いぐらい(笑)

IMG_4340 - コピー

江の島神社への参道入口。
飲食店やらお土産物屋さんが沢山。

IMG_4341 - コピー

IMG_4342 - コピー

IMG_4344 - コピー

江の島神社
結婚式を挙げているカップルもいました。
末永くお幸せに(^▽^)/

IMG_4345 - コピー

結構高台にあるので
おじさんはへーへー言いながら登って来ました。

IMG_4347 - コピー

更にエスカーにて上に登ると
江の島シーキャンドルという灯台へ。

IMG_4349 - コピー

上に登ります。

IMG_4350.jpg

IMG_4355.jpg

IMG_4357 - コピー

IMG_4358 - コピー

IMG_4360.jpg

絶景かな絶景かな。
脳内ではサザンやユーミンが流れて来ました。

IMG_4365.jpg

江の島駅からまた江ノ電に乗って鎌倉駅へ。
電車止めのところにこんなかわいいカエルさんがいました。
「無事に帰る」というお守りでしょう。粋ですね。

IMG_4366.jpg

夜は友人と御徒町にある
1ポンドステーキハンバーグ タケルにてステーキ。
サーロインを頂きましたがガッツリ食べられて幸せ。
友人は馬肉ステーキ。これも美味しそうでした。

IMG_4370.jpg

最後の夜は上野で一杯。

IMG_E4377.jpg

そして歩数はこんな感じ。
やはり江の島駅から江の島神社までが結構歩き
そして石段を登ったせいでしょう。
前の東京ではもっと歩きましたが今回はこれまで。

沢山歩いて、沢山食べて、沢山飲んで(笑)
沢山人と話して、沢山笑って。
本当に幸せな時間でした。

IMG_4378.jpg

流石に段々まいちゃんが恋しくなって
家に帰るや否や、すぐにまいちゃんをモフモフしました。
色々とインプットを貰えた東京旅でした。
また、いつか。
2018. 10. 28  
23日は生憎の曇り空。雨は少し降っているものの
東北人ならこの程度の雨では傘を差しません(笑)
ほどなくして雨も止みましたが空はイマイチ暗いまま…
しかし出かけない理由もないので外へ。

IMG_4310.jpg

京成にて柴又へやって来ました。
柴又…と言えば「男はつらいよ」ですよね。
やはり子供の頃の刷り込みで、
「東京」と言われれば柴又を最初にイメージしていました。
しかしわたしは「男はつらいよ」はほとんど
見た事がありませんしさほど興味もなく。
ただ漠然と「東京柴又」というイメージがただあっただけです。
東京出身、又は東京に住んで長いという友達に
柴又に行った事はあるか?と聞いても、
あまり行った事がないと答える人間が多かったです。
いつでも行けるから、なのか…

IMG_4311.jpg

寅さん像。

IMG_4312.jpg

柴又駅から参道入口。とても近いです。

IMG_4313.jpg

帝釈天への参道。有名なお店も数多く
写真にはあまり映ってませんが結構お客さんがいました。
ほとんどジジババだけど(笑)

IMG_4314.jpg

IMG_4315.jpg

IMG_4316.jpg

IMG_4317.jpg

帝釈天。浅草のようなゴチャゴチャ感はなく
外国人が少なかったという事もあってか
とても落ち着きのある場所でした。
個人的にはこれぐらいの方が好きだなぁ…
のんびり見られるしね。

IMG_4318.jpg

京成は柴又駅はプラットホームから出る時に
こうして駅構内に踏み切りがあるんですね
何気に意外に感じました。
山形だったら雪が多くて絶対こういうの無理ですけど。

IMG_4319.jpg

京成金町からJR金町、それから常磐線にて
亀有にも足を運んでみました。
亀有と言えばやはり「こち亀」ですよね。
「こち亀」もそんなに読んだ記憶はないのですが
土地名のインパクトから、先ほどの柴又と同じように
東京と言えばココ、という場所の一つに挙げられます。
あ、自分の中だけの話ですけどね(笑)

IMG_4320.jpg

駅周辺には両さん像だけでなく
他のキャラクターの像も色々と置いてありました。

IMG_4321.jpg

来てみたかった場所の一つ、亀有香取神社

IMG_4322.jpg

かなり歴史があり、足腰健康の神様でもあるようです
平日でしたが七五三のお参りをされている家族もいました。

IMG_4323.jpg

IMG_4324.jpg

そしてそして、こちらはスポーツの神様でもあり
あのサッカー漫画「キャプテン翼」の絵馬もあるのです。
…というのも、キャプテン翼の作者である
高橋洋一先生の地元がこちらの方であり
翼君の所属チーム「南葛SC」の由来も
亀有のある葛飾区の「葛」から取ったのだそうです。
二つの国民的なマンガ、アニメのルーツがここ亀有だったのですね。

それから、なんとなしに環七通りをぼんやり歩いてまして
だいぶお昼の時間を過ぎていたのでお腹がすいて
たどり着いたのが…肉の万世(笑)

IMG_4325.jpg

ビールも飲むし。

IMG_4326.jpg

ちゃんと野菜も食べました(笑)

IMG_4327.jpg

最後にハンバーグステーキ。
見た感じ、かなりこってりしたデミグラスですが
食べてみるとお肉の味を殺さない、それほど強い味ではなく
割とスッと入る感じのお味でした。肉汁もたっぷりで肉厚。
少しお値段が張りましたが満足しました。

IMG_4331.jpg

それから神田へ。
友達との待ち合わせに時間があったのでヒトカラ。
段々楽しくなってきて飲みまくりの歌いまくり(笑)

IMG_4335.jpg

友人と神田いしまつという、こぢんまりとした串揚げ屋さんで一杯。
楽しい談笑とお酒が進み、素敵な一夜を過ごしました。

IMG_E4376.jpg

この日は割とお店にいる時間も長かったので
さほど歩いてませんでしたね。